農学生命科学科

活動報告 

2022.08.06 本学科がサポートする京都府立桂高等学校の育種研究提案が「第6回 高校生科学教育大賞」の最優秀賞を受賞しました

京都府立桂高等学校(京都府京都市)の研究提案「懸崖菊優良品種の茎頂培養による保全と重イオンビームによる新品種の育成」が、バイテク情報普及会が主催する「第6回 高校生科学教育大賞」で最優秀賞を受賞しました。

 

https://cbijapan.com/education/

 

「高校生科学教育大賞」は、これからを担う高校生が「植物バイオテクノロジー」と「持続可能な農業」とについてより深く学び考えるきっかけつくることを目的に2017年に設立され、毎年支援対象校を公募しているものです。上記の研究提案では、本学科の野菜花卉園芸学研究室卒業生の宮脇潤先生が関わり、高校での教科、TAFS(課題研究:第2研究群、教員3名、生徒38名)の授業において、植物バイオテクノロジーの技術を利用して、京都の伝統的な在来品種や栽培方法の保存、地域の農業振興などにも貢献されています。今回は3名の生徒が研究提案を行い、京都府向日市の特産品である懸崖菊(けんがいぎく)の生産農家が1軒だけになった状況をバイオテクノロジー技術で救おうとする着想が高く評価され、受賞に繋がりました。

 

この研究では、重イオンビーム照射を理化学研究所 仁科加速器科学研究センター 生物照射チームが、植物組織培養技術を本学科の植物育種学研究室がサポートしています。

 

 

<参考>

・京都府立桂高等学校

 http://www.kyoto-be.ne.jp/katsura-hs/mt/

 

・理化学研究所 仁科加速器科学研究センター 生物照射チーム

 https://www.nishina.riken.jp/labo/muta_bio.html 

 

・農学生命科学科 植物育種学研究室

 https://kpuikushu.net/

 

・農学生命科学科 野菜花卉園芸学研究室

https://eureka.kpu.ac.jp/~takaaki/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022.07.04 2回生農場実習特別編! 京都府立農芸高校で畜産実習を行いました

 2回生の下鴨農場実習の特別編です.京都府立農芸高校にお世話になって,畜産関連の実習を行ってもらいました.

 5つの班に分かれて5種類の実習をしました(1搾乳,2和牛体重測定,3和牛ブラッシングと餌やり,4農場HACCP認証鶏舎での採卵,5牛の卵子・精液観察).

今回の写真は,養鶏場の衛生管理の方法と餌を変えて白い君の卵を生産しているところを教えてもらっているところと和牛の体側をしているところです.幸紀夫の胸囲をはかっているところです.

 

学生の感想より:乳牛は丸々と肥っているイメージだったが,実際に近くで見ると背中の骨がくっきりと見えていたので驚いた.搾乳器をつけるまでに,牛乳に汚れが入らないように多くの工程があって,かなりしっかりと品質管理されていることが分かった.28ヶ月の牛は向こう側が見えなくて大きな壁の様に感じました.牛舎にいた乳牛は牛の腰周り骨格がゴツゴツしていて肉牛とは全然違いました.話を聞いてみると,乳牛は産道を大きくしたり乳房を沢山支えるために骨盤が発達しているということがわかりました.全ての牛にクレインという草の餌と成長期の牛には栄養がたっぷりあるとうもろこしや大豆,小麦を混ぜた餌をあげました.牛は栄養のある餌の方が好きみたいで,そちらばかり食べていました.牛の卵巣は人間よりもとても大きいイメージだったのですが、スーパーボールほどのサイズで驚きました。続いて液体窒素に入れて保存されていた精液を牛の体温と同じ38℃のお湯で融解.お湯につけた瞬間活発に動き出した様子を顕微鏡でみて感動しました.HACCP認定鶏舎では,菌を持ち込まないようにする取り組みや,誰が作業しても水準を保てるような取り組みを学んだ.白い卵の話が興味深かった.白いオムライスやアイスをぜひ食べてみたいと思った!

 

2022.07.02 京都府希少農作物が持つ有用成分を生かしたブランド化推進と商品開発

「京都府希少農作物が持つ有用成分を生かしたブランド化推進と商品開発」
研究代表者:森本拓也 生命環境科学 研究科 講師
 
今年も京都市城陽市の特産梅品種「城州白」の収穫がはじまりました。
大玉で果実品質が優れる品種です。

地域貢献型特別研究(ACTR)では、香りや有機酸など果実成分の分析、食品機能性の評価に取り組んでいます。

 

2022.06.29 大学後援会の学科別懇談会で、保護者の方と懇談しました

6月26日に、京都府立大学後援会の学科別懇談会で、農学生命の保護者の方と懇談しました。
 
「令和4年度後援会定期総会」という行事で、例年実施されています。
 
希望する保護者の方が、学科教員と学生の大学生活などについて話をしました。
 
 
半田先生・亀井先生(上写真)、岩崎先生(下写真)

2021.12.01 農芸高校の生徒と農業経営学研究室の学生が互いの強みを活かしてマーケティング活動の第1歩

農芸高校の動物資源コースの生徒さんが育てている農芸ミルクを用いたヨーグルトの販売へ向けて、第1回目の情報共有を行いました。(2021年11月9日 植物生産科学専門実験)

1コマ目は農芸高校の生徒さんが畜産のことについて府大学生に教え、2コマ目は府大学生が農畜水産物の流通について講義しました。帰りには、搾乳の様子も見せてもらいました。

次回は、実際に搾乳体験を行い、ヨーグルトの販売戦略をワークショップ方式で考える予定です。

 

写真 (左)搾乳の見学中 (右)メディア取材に答える!

搾乳の見学中メディアの取材に答える

2021.06.21 京都府立農芸高校と農学生命科学科の学生が合同実習を行いました

京都府立農芸高等学校と京都府立大学生命環境学部は、高大連携プログラム実施に関する協定を結んでいます. その一環として,京都府立農芸高校と農学生命科学科が合同で,酒造原料米の「京の輝き」と一般米「にこまる」の生育について,共同研究を行うことになりました. 試験用の田んぼは小さいため手植えになります. 農学生命科学科では,「農学生命科学基礎実験実習1」の実習として,京都府立農芸高校と京都府立大学農学生命科学科の学生で一緒に田植えをしました.種から苗までの準備は農芸高校の生徒が行いました.  

2020.11.24 分子栄養学研究室の2名の学生が、学会で受賞しました

分子栄養学研究室の2名の学生が、国際・国内学会で賞を受けました。   1.AJP Cell Best Poster award (最優秀ポスター賞)」の受賞について   本学生命環境科学研究科 分子栄養学研究室の大学院生が、令和2年(2020)年119日(月)~13日(金)にオンラインにおいて開催された米国生理学会 運動の統合的生理学会議2020(The American Physiological Society’s (APS) Integrative Physiology of Exercise (IPE) 2020 conference)においてAJP Cell Best Poster award (最優秀ポスター賞)を受賞しましたので、下記のとおり報告いたします。なお、本大会におけるポスター発表は144題であり、その中から2名が受賞しました。   1 受賞者 藤田(ふじた) 真理子(まりこ)(生命環境科学研究科 大学院1回生)   2 受賞題目 “Role of DNA methyltransferase 3a (Dnmt3a) in skeletal muscle of mice”   3 受賞年月日 令和2年(2020)年11月13日(金)   受賞証はこちら:Mariko Fujita Certificate 201120   (参考)学会HP:https://www.physiology.org/?SSO=Y 大会HP:https://www.physiology.org/professional-development/meetings-events/integrative-physiology-of-exercise?SSO=Y     (2) 「優秀ポスター」の受賞について   本学生命環境科学研究科 分子栄養学研究室の大学院生が、令和2年(2020)年1120日(金)にオンラインにおいて開催された日本アミノ酸学会 第14回学術大会において優秀ポスター賞を受賞しましたので、下記のとおり報告いたします。 なお、本大会における優秀ポスター賞選考講演は29題であり、その中から3名が受賞しました。   1 受賞者 大藪(おおやぶ) 葵(まもる)(生命環境科学研究科 大学院1回生)   2 受賞題目 「転写因子FOXO1はタンパク質合成の主要な経路:mTORC1経路を抑制する」   3 受賞年月日 令和2年(2020)年11月20日(金)   (参考)学会HP:http://www.jsaas.org 大会HP:https://jsaas2020-online.com

2020.10.21 京都在来ブドウ品種‘聚楽’復活に向けたプロジェクトが週刊文春・毎日新聞(京都版)で紹介されました

京都在来ブドウ品種‘聚楽’復活に向けたプロジェクトが、週刊文春、毎日新聞(京都版)で紹介されました。

 板井教授(資源植物学)らのグループの京都在来ブドウ品種‘聚楽’復活に向けた取り組みが紹介されました。

ブドウ‘聚楽’は、京都において安土桃山時代から栽培の記録があり、昭和になって絶滅したとされていました。

‘聚楽を使って,京都ブランドの新品種育成などの取り組みを行って行く予定です。

  毎日新聞の記事リンク   *週間文春の記事については、10月15日号「在来種に魅せられて」をご覧ください。

2020.07.01 第74回日本栄養・食糧学会大会 学生優秀発表賞、本学科から2名受賞しました

74回日本栄養・食糧学会大会 学生優秀発表賞、本学科から2名受賞しました。    動物機能学研究室の大林健人さん(修士1年)と分子栄養学研究室の大藪葵さん(修士1年)が、第74回日本栄養・食糧学会大会の学生優秀発表賞を受賞しました。 117名の応募者から、学会活動強化委員会による一次審査(演題要旨)とWEBによるポスター発表内容の質疑応答を経た審査の結果、10名の受賞者が決定しました。全国の学術大会において本学科より2名が受賞となりました。おめでとうございます。    大林 健人(京都府立大学大学院) 【希少糖アルロースの糖尿病モデルマウスにおける血糖降下作用機序の検討】   大藪 葵(京都府立大学大学院) FOXO遺伝子改変マウスを用いた絶食時の筋萎縮分子機構の解析】   https://www.jsnfs.or.jp/news/news_20200616.html

2020.02.16 卒業論文発表会が開催されました

2月14日(金)に、農学生命科学科の卒業論文発表会が開催されました。   各研究室所属の4回生が、1年間の研究の集大成を発表しました。 緊張しながらも、みな素晴らしい発表でした。お疲れ様でした!      

活動報告

月別アーカイブ