農学生命科学科

INFORMATION |2021年10月 

2021.10.12 植物ゲノム情報学に福島敦史先生が着任しました

2021年10月1日付で、植物ゲノム情報学研究室に福島敦史先生が着任しました。

自己紹介文を作成していただきました!

 

************************************

この度、植物ゲノム情報学研究室に着任いたしました福島敦史と申します。

歴史あるこの京都府立大学に勤務できますことを心より嬉しく存じます。これまで植物バイオインフォマティクスと代謝に関わる研究を行ってまいりました。現在、ゲノム、エピゲノム、トランスクリプトーム、プロテオーム、メタボロームといった細胞内分子に関する網羅的かつ多様な生物データ(マルチオミクスデータ)が蓄積されてきております(図1)。これらデータを統合的に利活用し、データの解釈や検証可能な仮説を構築するため、また網羅的分子ネットワーク状態の統合的理解に向けた情報解析技術の開発とデータベース開発とを進めてきました。

本学におきましては、これまで得た知識と技術、自らの経験を活かした実践的学びの場と自由闊達な研究環境とをつくります。高付加価値植物の作出、植物機能性成分の増産、農業生態系デジタル化によるさらに強い日本の農業を実現するための植物ゲノム情報科学を推進いたします。本学の皆様のご期待に添えるよう努力いたしますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

最後に、ご興味のある方がいらっしゃいましたら是非私どもの研究室へお越しください(常に居室のドアを開けて待っています※)。研究をご一緒し、エンジョイしませんか?

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に努めています

 

1.植物ゲノム情報学の目指すもの

 

ResearcherID

http://www.researcherid.com/rid/C-9279-2017

Loop

https://loop.frontiersin.org/people/27844/overview

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail