農学生命科学科

イベント開催情報 |2018年4月 

第50回植物バイテクシンポジウム 「 植物バイテク研究の社会実装への取組みと新たなる挑戦」を開催します

日時:日時: 2018年5月21日(月) 13:30-17:40場所:京都学・歴彩館 大ホール 

【日時・会場】
日時: 2018年5月21日(月) 13:30-17:40
場所: 京都学・歴彩館 大ホール 

【シンポジウム参加方法】
13:00から受付を開始します。無料です。

テーマ:植物バイテク研究の社会実装への取組みと新たなる挑戦

【プログラム】
13:00-          受付
13:30-13:50      はじめに  増村威宏(京都植物バイテク談話会会長)
       (植物バイテクシンポジウム第50回記念大会にあたり)
【特別講演】
13:50-14:50 「ゲノム編集技術によるトマト育種と社会実装に向けて」
      江面 浩 (筑波大学・生命環境系・T-PIRC)
【記念講演】
14:50-15:30 「葉緑体による植物機能統御の分子機構」
      椎名 隆 (京都府立大学大学院・生命環境科学研究科)
15:30- 15:50               休憩
15:50-16:30 「葉緑体の形質転換-その魅力と展望-」
      寺地 徹  (京都産業大学・総合生命科学部)
【特別講演】
16:30-17:30 「植物バイオ:実験室からマーケットまで~花を例に」
       田中 良和 (サントリーグローバルイノベーションセンター/京都府立大学客員教授)
17:30-17:40    おわりに  久保 康之 (京都植物バイテク談話会幹事) 
【情報交換会】
18:00〜 生協食堂 地下1階  (一般4000円, 学生500円)

主催:京都植物バイテク談話会  http://www2.kpu.ac.jp/assoc/kpba/

共催:京都府立大学

【情報交換会参加申し込み方法】 
シンポジウム終了後に講演者を囲み情報交換の場を設けます。
シンポジウムおよび情報交換会への参加希望者は、添付の出欠調査票(シンポジウム出欠及び情報交換会出欠)に研究室ごとにまとめて氏名・所属機関をご記入の上、E-mailまたはFAXにて、 平成30年5月14日(月)までにお申し込みください。 会費:4,000円(一般)、 500円(学生) 
〒606-8522 京都市左京区下鴨半木町1-5 京都府立大学 大学院生命環境科学研究科 増村 威宏 宛 
TEL&FAX: 075-703-5675 E-mail: masumura@kpu.ac.jp 

シンポジウムの詳細チラシはこちら:50th sympo poster
Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

日本農芸化学会関西支部例会(第503回講演会)

日時:2018年5月19日(土)12時30分 開会場所:京都府立大学 稲盛記念会館104講義室

日本農芸化学会関西支部例会(第503回講演会)が、
下記の日程で行われます。

学会の非会員でも講演会の聴講はできますので、
是非、ご参加ください。

日時:2018年5月 19日(土)12時30分 開会
会場:京都府立大学 稲盛記念会館104講義室

◇産学交流会講演会(17:00~17:40)
・糖脂質型バイオサーファクタント“ソホロリピッドⓇ”の工業的生産と洗浄剤への応用
○平田善彦氏〈サラヤ株式会社〉

◇受賞講演 (15:30~17:00)
農芸化学奨励賞 受賞講演
・藻類での有用脂質生産と脂質蓄積制御因子の同定
○梶川昌孝氏〈京都大学〉
・エネルギー代謝を制御する食品成分とその作用機構に関する研究
○後藤剛氏〈京都大学〉

農芸化学若手女性研究者賞
・微生物を活用したN型糖鎖代謝酵素の機能解明とその応用
○梅川碧里氏〈京都大学、現 三重大学〉

詳細は、支部HPをご覧ください。
http://kansai.jsbba.or.jp/ 

学会員の先生方へ
 是非、ご参加の程、宜しくお願い申し上げます。
なお、懇親会は、以下の通りになっておりますので、
事前申し込みをお願い致します。

会場:京都府立大学 稲盛記念会館 Deli Cafe たまご 京都北山
参加費:事前申込み 一般 3,500円、学生  500円
当日申込み 一般 4,000円、学生 1,000円
(口頭発表する学生は無料)

支部例会庶務
辻本

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail