農学生命科学科

イベント開催情報 |2017年7月 

日本アミノ酸学会

日時:2017年9月30日(土)~10月1日(日)場所:京都府立大学 稲盛記念会館

アミノ酸は、食品はもちろん、医学・畜産・化粧品などの分野で広範に応用されています。 最近では、とくに生命科学分野において基礎的な興味深い知見も得られています。基礎、臨床、開発研究など様々な視点からアミノ酸研究に関する最新の知識と情報を交換・発信し、さらなるアミノ酸研究の発展に繋げるとともに、アミノ酸に関する情報を社会へ提供することを目的として本大会を開催します。 

https://jsaas2017.symposium-hp.jp/index.html

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

シンポジウム「実用化を目指すゲノム編集」開催のお知らせ

日時:2017年8月10日 13:15~16:45場所:サントリー ワールドリサーチセンター 1階 メインホール

京都バイテク談話会・農林水産省「農林水産先端技術の社会実装の加速化のためのアウトリーチ活動強化委託事業」コラボレーション企画(第46回植物バイテクシンポジウム)

「実用化を目指すゲノム編集~ 植物でどこまで可能になったのか~」

日時:2017年8月10日(木)13:15-16:45

会場:サントリー ワールドリサーチセンター 1階 メインホール (アクセス:http://www.suntory.co.jp/company/research/swr/access.html)

−プログラム−

12:45 受付開始

13:15〜13:25  開会挨拶と趣旨説明

13:25〜14:10  刑部 祐里子(徳島大学 生物資源産業学部)  高効率植物ゲノム編集技術による植物ゲノム改変

14:10〜14:55  西田 敬二(神戸大学 科学技術イノベーション研究科)  DNAを直接書き換えるゲノム編集技術「Target-AID」

15:20〜15:40 休憩(希望者は施設見学)

15:15〜16:00  小松 晃(農研機構 生物機能利用研究部門)  新しいお米を求めて~従来育種からゲノム編集まで~

16:00〜16:45  四方 雅仁(農研機構 生物機能利用研究部門)  ゲノム編集の実用化のためのコミュニケーション[パネルディスカッション]

17:00〜 情報交換会

−−−−−−− シンポジウム終了後17:00より情報交換会(会費:一般4,000円,学生2,000円)を予定しております。こちらも是非ご参加下さい。また,休憩時間の14:55〜15:15にはワールドリサーチセンターの施設見学を行います(事前予約不要,過去に同施設の見学経験がない方)。併せてご検討下さい。

参加ご希望の方は下記の「参加申し込み」にご記入頂き,7月28日(金)までに京都府立大・大坪(nohtsubo@kpu.ac.jp)までご返信下さい(※ポスターではシンポジウム自体は参加申し込み不要としておりますが,人数把握の都合で事前にお知らせ頂けるとたいへん助かります。また,上記申し込み期限に遅れた場合もご相談下さい)。

— 第46回植物バイテクシンポジウム「参加申し込み」 (括弧内は該当する方を残して下さい)

お名前:       (一般/学生)

ご所属: シンポジウム参加 (○・×)

情報交換会参加 (○・×)

施設見学希望 (有・無)

(※参加者が多数の場合は下記の「参加登録フォーム」をご使用下さい) 「参加登録フォーム」,「シンポジウムポスター」,「京都バイテク談話会のご紹介」は下記URLからダウンロードできます。 https://yahoo.jp/box/kjeRMx

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

オープンキャンパスのお知らせ

日時:2017年7月22日(土) 9:30~16:00場所:京都府立大学

京都府立大学 オープンキャンパス2017を開催します。

学科ガイダンス、模擬授業、各研究室の研究内容展示や、クラブ活動紹介、校内ツアーや入試相談などが行われます。

「大学ってどんなところ?」の疑問が解消できる絶好の機会です。

大学の中身を体験しに、ぜひお越し下さい。

 

オープンキャンパス案内チラシ(PDF): opencampus2017

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

第16回けいはんな地区植物科学懇談会のお知らせ

日時:2017年7月25日 13:00~17:15(受付12:30~)場所:奈良先端大科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 大講義室

第16回けいはんな地区植物科学懇談会 「医療、健康、食糧ー持続的社会にむけた植物科学」が、奈良先端科学技術大学院大学で開催されます。

 

12:30-          受付
13:00-13:15      はじめに  
13:15-13:45     「植物二次代謝機能ゲノミクスとその応用に向て」
峠 隆之 (奈良先端科学技術大学院大学・バイオサイエンス)
13:45-14:15     「植物を利用する」
田中良和 (サントリーグローバルイノベーションセンター) 
14:15-14:45     「食糧・バイオマス増産に向た分子育種」
  田部 記章(近畿大学・農学部)
14:45- 15:00    休憩
15:00-15:30     「ホウ酸輸送体の偏在とホウ酸センシング」
高野 順平 (大阪府立大学大学院・生命環境科学研究科)
15:30-16:00     「単為結果性トマト’京てまり’の単為結果メカニズムの解明」
滝澤 理仁(京都大学大学院・農学研究科)
16:00- 16:15    休憩
16:15-16:45     「接種困難植物ウイルスの接種技術(仮題)」
木村 重光(京都府農林水産技術センター生物資源研究センター)
16:45-17:15    「植物にもアセチルコリンが存在する?」
村田純 (サントリー生命科学財団)

 

【最終版】第16回けいはんな地区植物科学懇談会poster

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail