農学生命科学科

研究成果

2020.02.27京都府城陽市の特産梅「城州白」の普及に向けた取り組みが月刊京都に掲載されました

京都府城陽市で生産されている梅の品種「城州白」は果実が大きく、桃のような甘い香りが特徴です.

本学科の森本拓也助教(果樹園芸学)は京都府農業改良普及センターおよび城陽市と連携し、「城州白」の生産や需要拡大を目的した研究を行っています.

その取り組みの一部が月刊京都2月号「食材の舞台裏」に紹介されました.

今後も引き続いて京都の特産果物に関する研究に取り組んでいきます.

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

研究成果

月別アーカイブ