農学生命科学科

INFORMATION 

2021.05.24 生命環境科学研究科:令和4年度大学院入試に関するお知らせ

生命環境科学研究科:令和4年度大学院入試に関するお知らせ

今年度も、大学院入試特設ページを開設しました。募集要項からの変更内容や今年の大学院入試に関するお知らせ、各科目群からのメッセージなどを掲載しています。本研究科大学院に関心のある方はぜひご覧ください。
学生募集要項がこちらのページで公表されていますが、今年度も新型コロナ感染拡大の影響により、下記の通り、募集要項からの変更があります。
今後も新型コロナ感染状況によっては変更がある可能性があります。変更や追加の情報はこのページでお知らせしますので、受験を考えている方は定期的に確認をお願いします。

更新情報

2021年 5月 9日 「令和4年度大学院学生募集要項からの変更点」に、TOEICの取り扱いについての変更点が掲載されました。

令和4年度大学院学生募集要項からの変更点

■2021年5月 9日 生命環境科学研究科学生募集(夏期及び冬期)におけるTOEICの扱いについて
生命環境科学研究科学生募集の夏期及び冬期実施分について、以下の変更を行います。

募集要項においてTOEIC公式認定書の提出を求めている方に対して、
*入学者選考にあたってTOEICのスコアを用いない
*出願にあたってTOEICの公式認定書の提出を求めない
*ただし、合格者には年度内にTOEICの公式認定書の提出を求める
(提出時期等の詳細は、TOEICの公開テストの状況を踏まえて後日連絡します。)
まだTOEICを受験していない方はできる限り早く受験するようにしてください。

なお、今後さらに変更がある場合は本学ホームページにてお知らせします。必ず定期的に確認してください。

○トップ> 受験生の方へ> 入試情報> 大学院
https://www.kpu.ac.jp/category_list.php?frmCd=3-2-2-0-0

 

1.令和4年度 京都府立大学大学院 学生募集要項

大学院学生募集要項はこちらのページからダウンロードできます。
各種書類も掲載されていますので、必ずご確認ください。
また上の赤枠で示している変更点についても、必ずご確認ください。

生命環境科学研究科のホームページには、各専攻の概要や各研究室のホームページへのリンクがあります。そちらもご覧ください。

 

2.各専攻・出題分野(科目群)からのメッセージ

 

*応用生命科学専攻:
応用生命科学専攻は、原子、分子から微生物、昆虫、植物、動物、そしてヒトに至るまで、様々な領域を専門とする研究者から構成されています。未知を解き明かし、未来を創り出す我々の研究に参加し、研究者や指導的役割を担う職業人として歩み出す能力を身につけて下さい。まず、「やってみたい」と思う研究を見つけましょう。研究内容の詳細は、各専門種目のHP(生命環境科学研究科ページからもリンク)で確認できます。
なお専門試験の中で、一部英語力を問う問題が出題される可能性があります。

*植物生産テクノサイエンス学
植物生産テクノサイエンス学科目群は、穀物や野菜、花卉、果樹、近縁野生種を含む植物から、昆虫、人間社会までを対象にした幅広い研究分野をカバーしているグループです。人類に有用な資源植物の探索や、植物がもつ能力のゲノム・細胞・組織・器官レベルでの解析と品種改良への応用、環境と共生した安心・安全で効率的な食用および園芸作物の生産に関わる技術開発、昆虫の制御や進化メカニズムに関する解析、農業技術の革新や農業経営形態の調査―といった様々な研究を行っています。

 

お問い合わせ
京都府立大学 生命環境科学研究科
応用生命科学専攻主任 桑波田 雅士 kuwahata[at]kpu.ac.jp
※[at]を@に置き換えてご連絡ください。

 

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

2021.04.07 動物機能学に大西康太講師が着任しました

2021年4月1日より、動物機能学研究室に大西康太講師が着任しました。

 

【大西先生よりメッセージ】

 

皆様、はじめまして。大西康太と申します。

 

 私は小さい頃から動物が大好きで、その生命活動が如何に維持・調節されているのかに興味をもっていました。大学生の頃、「食」と「健康」の関係に強い興味をもってから、このふたつをキーワードに研究活動に取り組んできました。これまでに国内外5つの研究室で様々な専門知識や実験技術を勉強させていただき、最近は特に「生体タンパク質の品質管理機構」に注目した食品機能学研究を進めています。

 

 京都府立大学では、「動物の生命活動」に改めて着目し、これを調節する分子機序を明らかにすることで、京野菜などの農作物を「食べる」ことが「健康」に与える影響を理解するための土台を作りたいと考えています。

 私自身が初めて研究の面白さを体験した農学領域で、無限の可能性をもつ皆様と一緒に科学と向き合えることを、心から楽しみにしております。どうぞよろしくお願いいたします。
Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

2020.08.24 研究室紹介(動画・研究室HP)

オンラインオープンキャンパスの資料です。

農学生命科学科の研究室・教員の研究紹介動画やHPの案内になります。

教員名をクリックして、研究紹介動画をご覧ください。

 

【研究室紹介HPはこちら

【コース・専攻、卒業後の進路等はこちら

【受験に関する情報はこちら

 

【生物機能科学コース】

・植物病理学

津下誠治、辻元人植物病原微生物の感染機構の解明と防除法の開発

・植物ゲノム情報学

佐藤壮一郎植物ゲノムの進化に伴う遺伝子発現系の変動,生態系のゲノム解析

・遺伝子工学

増村威宏、森田重人イネ種子の生理と利用に関する研究

・動物機能学

岩崎有作

・動物衛生学

塚本康浩:ダチョウの研究

宮崎孔志

・分子栄養学

亀井康富: 遺伝子改変マウスを用いた筋肉研究 

佐伯徹

 

【植物生産科学コース】

・植物育種学

半田裕一: コムギ ―ゲノムから育種へ―

大坪憲弘: 誰も見たことのない花を創る

・果樹園芸学

アンドレ・フレイリ・クルス

森本拓也: 果樹の品種改良

・野菜花卉園芸学

西島隆明、伊達修一: 野菜と花の未来をめざして

・資源植物学

板井章浩、大迫敬義: 遺伝資源を利用した育種・栽培・保全研究

・細胞工学

久保中央: 野菜の色や形を決める遺伝子の働きとその利用

武田征士: 植物器官(花弁、腺毛、虫こぶ)の形態形成

・応用昆虫学

中尾史郎

大島一正: 昆虫の多様性と進化,生態

農業経営学

中村貴子: 生物多様性×農業経営の人と組織を考える

 

 

問い合わせはこちらからお願いします。

 

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

2020.06.01 【受験生】入試の過去問題・解答例等の閲覧について

本学一般選抜及び学校推薦型選抜(旧推薦入試)に係る過去問題及び解答例等について、以下とおり閲覧することができます。

過去問題・解答例等の閲覧・複写
入試区分 内容 閲覧 複写 取扱年度
一般選抜 過去問題 × 過去3年分
解答例又は出題の意図 過去2年分
学校推薦型選抜 過去問題 × 過去3年分
解答例又は出題の意図 過去2年分
  • 過去問題等の郵送は取り扱っておりません。

閲覧場所

学務課入試担当(本館1階)

閲覧時間

平日9:00~17:00(入試等により閲覧できない日がありますので、予めご確認願います)
※閲覧を希望される方は、事前に電話で予約願います。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策のための注意事項

  • 入構する際は、マスクの着用をお願いします。
  • 建物入口に設置している手指消毒用アルコール又は石けんによる手洗いをお願いします。
  • 発熱や軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある方は閲覧をご遠慮願います。
  • 閲覧は30分以内でお願いします。

 

お問い合わせ

京都府立大学学務課入試担当

電話: 075-703-5144 FAX: 075-701-2474

e-mail: nyushi@kpu.ac.jp

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail