農学生命科学科

INFORMATION 

2021.12.01 令和4年度京都府立大学大学院入試(冬期実施分)に係る募集について(生命環境科学研究科)

令和4年度京都府立大学大学院学生募集要項27ページに記載する生命環境科学研究科(冬期実施分)の募集する専攻・課程等について、以下のとおり決定しましたので、お知らせします。
なお、応用生命科学専攻博士後期課程は、全ての出題分野において募集します。

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

 

 

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

2021.10.12 植物ゲノム情報学に福島敦史先生が着任しました

2021年10月1日付で、植物ゲノム情報学研究室に福島敦史先生が着任しました。

自己紹介文を作成していただきました!

 

************************************

この度、植物ゲノム情報学研究室に着任いたしました福島敦史と申します。

歴史あるこの京都府立大学に勤務できますことを心より嬉しく存じます。これまで植物バイオインフォマティクスと代謝に関わる研究を行ってまいりました。現在、ゲノム、エピゲノム、トランスクリプトーム、プロテオーム、メタボロームといった細胞内分子に関する網羅的かつ多様な生物データ(マルチオミクスデータ)が蓄積されてきております(図1)。これらデータを統合的に利活用し、データの解釈や検証可能な仮説を構築するため、また網羅的分子ネットワーク状態の統合的理解に向けた情報解析技術の開発とデータベース開発とを進めてきました。

本学におきましては、これまで得た知識と技術、自らの経験を活かした実践的学びの場と自由闊達な研究環境とをつくります。高付加価値植物の作出、植物機能性成分の増産、農業生態系デジタル化によるさらに強い日本の農業を実現するための植物ゲノム情報科学を推進いたします。本学の皆様のご期待に添えるよう努力いたしますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

最後に、ご興味のある方がいらっしゃいましたら是非私どもの研究室へお越しください(常に居室のドアを開けて待っています※)。研究をご一緒し、エンジョイしませんか?

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に努めています

 

1.植物ゲノム情報学の目指すもの

 

ResearcherID

http://www.researcherid.com/rid/C-9279-2017

Loop

https://loop.frontiersin.org/people/27844/overview

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

2021.08.16 令和4年度京都府立大学大学院入学試験に係る合格発表方法の変更について

令和3年8月10日(火)に実施いたしました本学大学院入学試験の合格発表については、学生募集要項では、学内掲示板への掲示及びホームページに掲載するとしておりましたが、新型コロナウイルス感染症の感染が急拡大していることから、学内掲示を取り止め、ホームページへの掲載のみといたします。

発表日時については、次のとおり、変更はありません。

令和3年8月18日(水)正午

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

2021.07.30 研究室紹介(動画・研究室HP)

農学生命科学科の案内、および研究室・教員の研究紹介動画を配信します。

 

〇 農学生命科学科のご案内はこちら (PDFファイルが開きます)

 

〇 各研究室・教員のご紹介

*教員名をクリックして、研究紹介動画をご覧ください。

 

【生物機能科学コース】

・植物病理学

津下誠治、辻元人植物病原微生物の感染機構の解明と防除法の開発

・植物ゲノム情報学

佐藤壮一郎植物ゲノムの進化に伴う遺伝子発現系の変動,生態系のゲノム解析(PDF資料はこちら

・遺伝子工学

増村威宏、森田重人イネ種子の発芽や貯蔵タンパク質、米の利用に関する研究

・植物成分化学

川田俊成

・動物機能学

岩崎有作、大西康太

・動物衛生学

塚本康浩、宮崎孔志:ダチョウの研究

 

・分子栄養学

亀井康富、佐伯徹

 

【植物生産科学コース】

・植物育種学

半田裕一: コムギ ―ゲノムから育種へ―

大坪憲弘: 誰も見たことのない花を創る

・果樹園芸学

アンドレ・フレイリ・クルス、森本拓也: 果樹の品種改良

・野菜花卉園芸学

西島隆明、伊達修一: 野菜と花の未来をめざして

・資源植物学

板井章浩、大迫敬義: 遺伝資源を利用した育種・栽培・保全研究

・細胞工学

久保中央: 野菜の色や形を決める遺伝子の働きとその利用

武田征士: 植物器官(花弁、腺毛、虫こぶ)の形態形成

・応用昆虫学

中尾史郎

大島一正: 昆虫の多様性と進化,生態

農業経営学

中村貴子: 生物多様性×農業経営の人と組織を考える

 

〇 その他のリンク

【研究室紹介HPはこちら

【コース・専攻、卒業後の進路等はこちら

【受験に関する情報はこちら

 

〇 問い合わせはこちらからお願いします。

 

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

2021.04.07 動物機能学に大西康太講師が着任しました

2021年4月1日より、動物機能学研究室に大西康太講師が着任しました。

 

【大西先生よりメッセージ】

 

皆様、はじめまして。大西康太と申します。

 

 私は小さい頃から動物が大好きで、その生命活動が如何に維持・調節されているのかに興味をもっていました。大学生の頃、「食」と「健康」の関係に強い興味をもってから、このふたつをキーワードに研究活動に取り組んできました。これまでに国内外5つの研究室で様々な専門知識や実験技術を勉強させていただき、最近は特に「生体タンパク質の品質管理機構」に注目した食品機能学研究を進めています。

 

 京都府立大学では、「動物の生命活動」に改めて着目し、これを調節する分子機序を明らかにすることで、京野菜などの農作物を「食べる」ことが「健康」に与える影響を理解するための土台を作りたいと考えています。

 私自身が初めて研究の面白さを体験した農学領域で、無限の可能性をもつ皆様と一緒に科学と向き合えることを、心から楽しみにしております。どうぞよろしくお願いいたします。
Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

2020.06.01 【受験生】入試の過去問題・解答例等の閲覧について

本学一般選抜及び学校推薦型選抜(旧推薦入試)に係る過去問題及び解答例等について、以下とおり閲覧することができます。

過去問題・解答例等の閲覧・複写
入試区分 内容 閲覧 複写 取扱年度
一般選抜 過去問題 × 過去3年分
解答例又は出題の意図 過去2年分
学校推薦型選抜 過去問題 × 過去3年分
解答例又は出題の意図 過去2年分
  • 過去問題等の郵送は取り扱っておりません。

閲覧場所

学務課入試担当(本館1階)

閲覧時間

平日9:00~17:00(入試等により閲覧できない日がありますので、予めご確認願います)
※閲覧を希望される方は、事前に電話で予約願います。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策のための注意事項

  • 入構する際は、マスクの着用をお願いします。
  • 建物入口に設置している手指消毒用アルコール又は石けんによる手洗いをお願いします。
  • 発熱や軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある方は閲覧をご遠慮願います。
  • 閲覧は30分以内でお願いします。

 

お問い合わせ

京都府立大学学務課入試担当

電話: 075-703-5144 FAX: 075-701-2474

e-mail: nyushi@kpu.ac.jp

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail