農学生命科学科

INFORMATION 

2021.04.07 動物機能学に大西康太講師が着任しました

2021年4月1日より、動物機能学研究室に大西康太講師が着任しました。

 

【大西先生よりメッセージ】

 

皆様、はじめまして。大西康太と申します。

 

 私は小さい頃から動物が大好きで、その生命活動が如何に維持・調節されているのかに興味をもっていました。大学生の頃、「食」と「健康」の関係に強い興味をもってから、このふたつをキーワードに研究活動に取り組んできました。これまでに国内外5つの研究室で様々な専門知識や実験技術を勉強させていただき、最近は特に「生体タンパク質の品質管理機構」に注目した食品機能学研究を進めています。

 

 京都府立大学では、「動物の生命活動」に改めて着目し、これを調節する分子機序を明らかにすることで、京野菜などの農作物を「食べる」ことが「健康」に与える影響を理解するための土台を作りたいと考えています。

 私自身が初めて研究の面白さを体験した農学領域で、無限の可能性をもつ皆様と一緒に科学と向き合えることを、心から楽しみにしております。どうぞよろしくお願いいたします。
Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

2020.08.24 研究室紹介(動画・研究室HP)

オンラインオープンキャンパスの資料です。

農学生命科学科の研究室・教員の研究紹介動画やHPの案内になります。

教員名をクリックして、研究紹介動画をご覧ください。

 

【研究室紹介HPはこちら

【コース・専攻、卒業後の進路等はこちら

【受験に関する情報はこちら

 

【生物機能科学コース】

・植物病理学

津下誠治、辻元人植物病原微生物の感染機構の解明と防除法の開発

・植物ゲノム情報学

佐藤壮一郎植物ゲノムの進化に伴う遺伝子発現系の変動,生態系のゲノム解析

・遺伝子工学

増村威宏、森田重人イネ種子の生理と利用に関する研究

・動物機能学

岩崎有作

・動物衛生学

塚本康浩:ダチョウの研究

宮崎孔志

・分子栄養学

亀井康富: 遺伝子改変マウスを用いた筋肉研究 

佐伯徹

 

【植物生産科学コース】

・植物育種学

半田裕一: コムギ ―ゲノムから育種へ―

大坪憲弘: 誰も見たことのない花を創る

・果樹園芸学

アンドレ・フレイリ・クルス

森本拓也: 果樹の品種改良

・野菜花卉園芸学

西島隆明、伊達修一: 野菜と花の未来をめざして

・資源植物学

板井章浩、大迫敬義: 遺伝資源を利用した育種・栽培・保全研究

・細胞工学

久保中央: 野菜の色や形を決める遺伝子の働きとその利用

武田征士: 植物器官(花弁、腺毛、虫こぶ)の形態形成

・応用昆虫学

中尾史郎

大島一正: 昆虫の多様性と進化,生態

農業経営学

中村貴子: 生物多様性×農業経営の人と組織を考える

 

 

問い合わせはこちらからお願いします。

 

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

2020.06.01 【受験生】入試の過去問題・解答例等の閲覧について

本学一般選抜及び学校推薦型選抜(旧推薦入試)に係る過去問題及び解答例等について、以下とおり閲覧することができます。

過去問題・解答例等の閲覧・複写
入試区分 内容 閲覧 複写 取扱年度
一般選抜 過去問題 × 過去3年分
解答例又は出題の意図 過去2年分
学校推薦型選抜 過去問題 × 過去3年分
解答例又は出題の意図 過去2年分
  • 過去問題等の郵送は取り扱っておりません。

閲覧場所

学務課入試担当(本館1階)

閲覧時間

平日9:00~17:00(入試等により閲覧できない日がありますので、予めご確認願います)
※閲覧を希望される方は、事前に電話で予約願います。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策のための注意事項

  • 入構する際は、マスクの着用をお願いします。
  • 建物入口に設置している手指消毒用アルコール又は石けんによる手洗いをお願いします。
  • 発熱や軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある方は閲覧をご遠慮願います。
  • 閲覧は30分以内でお願いします。

 

お問い合わせ

京都府立大学学務課入試担当

電話: 075-703-5144 FAX: 075-701-2474

e-mail: nyushi@kpu.ac.jp

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail