農学生命科学科

研究成果

2018.12.11ニホンナシ果実の糖組成に関するQTL(量的遺伝子座)解析の論文が掲載されました

農研機構果樹茶業部門および板井章浩教授(資源植物学)の共同研究グループは、
ニホンナシの果実のヘキソース(果糖とブドウ糖)含量を制御するQTL領域を同定しました。
美味しい果実育種につながる成果として期待されます。
論文リンク:
https://link.springer.com/content/pdf/10.1007%2Fs11105-018-1106-y.pdf
Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

研究成果

月別アーカイブ