農学生命科学科

研究成果

2018.11.26雌しべの毛の伸長と湿度の関係を明らかにした論文がアクセプトされました

花をつける植物の雌しべの先端には、「柱頭乳頭毛」という毛が生えており、受粉の場として重要な役割をもちます。しかし、その毛の環境に対する応答機構は分かっていませんでした。

武田征士准教授(細胞工学研究室)および東北大学・三重大学の共同研究グループは、今回雌しべの柱頭乳頭毛が、周りの湿度に応じて長さが変わることを初めて見出し、この伸長には非生物ストレス(Abiotic stress)に応答するアブシジン酸が関わっていることを示しました。

高湿度下では、花粉が入っている葯の裂開が起こりにくいことが知られています。高湿度下での柱頭乳頭毛の伸長は、受粉のチャンスを上げるために起こっていると考えられます。

研究成果は、日本遺伝学会機関紙「Genes and Genetic Systems」に掲載されます。

 

論文リンク

 

 

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail