農学生命科学科

INFORMATION 

2019.01.29 イネ種子貯蔵タンパク質プロラミンに関する論文が掲載されました

イネ種子胚乳組織には貯蔵タンパク質が合成・蓄積され、その内プロラミンはプロテインボディ・タイプⅠに特異的に集積しています。佐生愛博士(遺伝子工学研究室、現東大医科研)、増村威宏教授(遺伝子工学研究室)のグループは、今回プロテインボディ・タイプⅠへのプロラミンの集積の順番にはプロラミンプロモーターが重要な役割を担っていることを明らかにしました。この成果は、外来タンパク質のイネ種子胚乳への効率的な発現・蓄積に役立つと期待されます。

研究成果は「Plant Biotechnology」誌に掲載されています.


論文タイトル:The localization of rice prolamin species in protein body type I is determined by the temporal control of gene expression of the respective prolamin promoters

 

リンク:

https://www.jstage.jst.go.jp/article/plantbiotechnology/35/4/35_18.0918a/_article/-char/en

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

2019.01.16 昆虫が植物を操作する能力に関する論文を発表しました

昆虫は非常に多様なグループですが,餌の食べ方も実に様々です.中には,薄い葉に潜り込んで内部を摂食する「潜葉性昆虫(英語では leaf miner リーフマイナー)」というグループもいます.

今回,大島准教授らの研究グループは,フランスのトゥール・フランソワ=ラブレー大学,国立科学研究センター (CNRS),国立農学研究所 (INRA) との国際共同研究により,ヒサカキに潜る潜葉性昆虫であるヒサカキホソガの幼虫が,単に葉に潜っているだけでなく,自身の餌となる植物組織を能動的に植物に作らせていることを発見しました.

このような特徴は「虫こぶ形成昆虫」でも知られていましたが,今回の発見は潜葉性昆虫の植物操作能に関する新たな知見をもたらすだけでなく,虫こぶ形成昆虫を含めた「昆虫類における植物操作能」の進化を理解する上でも重要な発見といえます.

論文リンク:
https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0209485

本研究は,日本側では
JSPS二国間交流事業(フランスとの共同研究)
JSPS科研費 挑戦的研究(開拓)17H06260
京都府立大学 重点戦略研究費
のサポートを受けて行われました.

また,第一著者の大学院生は,京都府立大学とトゥール・フランソワ=ラブレー大学間の国際交流協定によるダブルディグリープログラムのもと,両大学の博士後期課程に在籍して研究を行なっています.

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

2019.01.15 ストレス耐性イネの開発に関する著書が発行されました

地球規模の温暖化・気候変動が問題となっている中、高温や乾燥などの環境ストレス(=非生物ストレス)に強い農作物を開発することが必要です。現在世界中で多くの研究者が、植物のストレス耐性上昇に取り組んでいます。

この度、本学科・遺伝子工学研究室の森田准教授が分担執筆したイネの非生物ストレス耐性に関する著書が刊行されました。森田が担当した章では、遺伝子導入によるイネのストレス耐性上昇に関する最近の研究をまとめました。

 

書名 “Advances in Rice Research for Abiotic Stress Tolerance”

(非生物ストレス耐性に関するイネ研究の進展)

 

章タイトル “Engineering of abiotic stress tolerance by modulating antioxidant defense systems“

(活性酸素防御系の改変による非生物ストレス耐性の上昇)

 

文献URL

https://doi.org/10.1016/B978-0-12-814332-2.00037-X

 

 

Shigeto Morita. (2019) Engineering of abiotic stress tolerance by modulating antioxidant defense systems. In “Advances in Rice Research for Abiotic Stress Tolerance”, (Edited by Mirza Hasanuzzaman, Masayuki Fujita, Jiban Krishna Biswas, Kamrun Nahar), p755-765, Woodhead Publishing

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

2018.12.11 塚本教授(動物衛生学)がTV出演しました

テレビ朝日系列「激レアさんを連れてきた」(全国放送)(2018年10月8日)に、塚本康浩教授(動物衛生学)が出演しました。

 

番組バックナンバーはこちら

https://www.tv-asahi.co.jp/geki_rare/#/%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC?pageType=article&number=10&category=variety

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

2018.12.11 バラ科サクラ属果樹の異種間交雑親和性に関する論文がアクセプトされました

バラ科サクラ属には、モモ、スモモ、アンズ、オウトウ(さくらんぼ)、ウメなど経済的に重要な果樹が多く含まれています。

森本拓也助教(果樹園芸学研究室)および京都大学・和歌山県うめ研究所の共同研究グループは、今回サクラ属果樹の異種間交雑親和性を網羅的に解析し、一部の組合せでは種間雑種を獲得できることを明らかとしました。

種を超えた交雑によって、新しい果樹の育成が可能になると期待されます。

研究成果は「Scientia Horticulturae」誌に掲載されています.
論文タイトル:Characterization of post-mating interspecific cross-compatibility in Prunus (Rosaceae)
リンク:https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0304423818308264

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

2018.12.11 ニホンナシ果実の糖組成に関するQTL(量的遺伝子座)解析の論文が掲載されました

農研機構果樹茶業部門および板井章浩教授(資源植物学)の共同研究グループは、
ニホンナシの果実のヘキソース(果糖とブドウ糖)含量を制御するQTL領域を同定しました。
美味しい果実育種につながる成果として期待されます。
論文リンク:
https://link.springer.com/content/pdf/10.1007%2Fs11105-018-1106-y.pdf
Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

2018.12.10 国際学会で分子栄養学研究室学生がベストポスター賞を受賞

東京大学で開催された国際学会(APNNO、Asia Pacific Nutrigenomics Nutrigenetics Organisation)で発表しました。農学生命4回生(分子栄養学研究室)の中井志帆がベストポスター賞を受賞しました。

 

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

2018.11.30 生命環境科学研究科 応用生命科学専攻(農業経営学・講師または助教)の募集について

この度、京都府立大学大学院生命環境科学研究科応用生命科学専攻の専任教員を募集することになりましたので、下記により応募いただきますようお願いいたします。

1.募集概要
 本研究科応用生命科学専攻では、人類が直面しているさまざまな生命科学の課題を、食の機能性・安全性を高める食科学、その基礎となる食料生産の科学、動植物や微生物の機能を解明し応用するテクノロジー、さらに生命や環境に関わる物質をミクロのレベルで扱う生命物質科学など広範な科学領域の知識と技術を駆使して研究し、人類福祉の向上と地球環境の保全のための新技術の開発をめざす教育・研究を基本理念としている。その中で、農業経営学専門種目では、農業経営学、農業と食料の経済学、環境保全型農業論、農業・農村における社会科学分野などに関する教育・研究を行っています。
 この度、農業経営学分野に関する知識と業績を有し、農業経営学専門種目の教育・研究を担当していただける教員を募集します。

2.職名および人員 :講師または助教 1名

3.所属 :生命環境科学研究科 応用生命科学専攻

4.専門分野 :農業経営学専門種目

5.担当科目
大学院: 農業経済学特論、食農技術論(分担)など
学部: 農業と食料の経済学、科学英語Ⅰ(分担)、科学英語Ⅱ(分担)、農業経営学演習(分担)、新入生ゼミナール(分担)、植物生産科学専門実験(分担)、農学生命科学基礎実験・実習Ⅰ(分担)、京都の農林業(分担)、京都の自然(分担)、情報処理基礎演習(分担)、専攻科目演習(分担)、専攻科目実験(分担)、卒業論文(分担)など

6.応募要件(以下のすべてに該当すること)
1)農業経営学、農業経済学、農業と食料の経済学、などに関する該博な知識を有し、優れた研究能力を有する者
2)フィールドワークに関する実習教育の知識と指導力を有する者
3)本学が進める地域貢献、地域創生および国際貢献活動等に対して意欲を有すること
4)大学院応用生命科学専攻および農学生命科学科の理念と目標を理解し、教育、研究、大学運営等に対して意欲を有すること
5)外部からの資金の調達および研究成果の国際的な発信に積極的であること
6)着任時に博士の学位を有すること
7)大学院博士前期課程の教育・研究指導ができること
8)産学官(公)連携の活動に対して積極的であること

7.着任時期:平成31年4月1日以降のできるだけ早い時期

8.応募書類(A4縦おき、横書き):
1)履歴書
(1)写真貼付(縦4㎝×横3㎝)、氏名(ふりがな)、生年月日、現住所、連絡先住所、電話番号、e-mailアドレス、高等学校卒業以降の学歴ならびに職歴、資格・賞罰
(2)学会活動(所属学会名、役職名など)
(3)社会活動(嘱託、役員、委員の名称などとその在職期間)
2)研究業績関連資料
(1)現在までの研究概要(2,000字程度、研究業績目録番号を引用してください。)
(2)研究業績目録
①原著論文、②博士学位論文、③総説・著書、④その他刊行物、⑤特許など、⑥外部からの研究費等の獲得状況
3)主要論文(10編以内)の別刷り(コピー可)各5部
4)着任後の研究・教育に関する構想と抱負(2,000字程度)
5)本人について照会することのできる方2名の氏名と連絡先

なお、応募書類は返却しません。選考終了後当方で責任をもって処分します。

9.応募締め切り:平成31年1月30日(水) 必着

10.選考方法:選考委員会で審議選考し、専攻教授会、研究科教授会の議を経て候補者を決定します。選考の最終過程で、すべての原著論文の別刷り(コピー可)の送付および面接やセミナーなどをお願いすることがあります。その際の旅費等は自己負担をお願いします。

11. 応募方法、送付先および問い合わせ先:
1)応募方法:書留郵便または宅配便などの配達記録の残る方法に限ります。表に「教員応募書類(農業経営学)」と朱書きしてください。
2)送付先:〒606-8522 京都市左京区下鴨半木町1-5
京都府立大学大学院生命環境科学研究科応用生命科学専攻 農業経営学教員選考委員会
3)問い合わせ先:京都府立大学大学院生命環境科学研究科 応用生命科学専攻
            生命環境学部農学生命科学科主任 増村 威宏
            e-mail:masumura@kpu.ac.jp

12.備考
 京都府立大学では、男女共同参画を推進しています。女性研究者の積極的な応募を期待するとともに、男女共同参画社会基本法の趣旨に則り、業績及び人物の評価において同等と認められた場合は女性を採用します。また、ライフイベント(出産・育児・介護など)の発生時に利用できる福利厚生制度を有しています。(参考ホームページ:http://kpu-sankaku.jp)

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

2018.11.26 雌しべの毛の伸長と湿度の関係を明らかにした論文がアクセプトされました

花をつける植物の雌しべの先端には、「柱頭乳頭毛」という毛が生えており、受粉の場として重要な役割をもちます。しかし、その毛の環境に対する応答機構は分かっていませんでした。

武田征士准教授(細胞工学研究室)および東北大学・三重大学の共同研究グループは、今回雌しべの柱頭乳頭毛が、周りの湿度に応じて長さが変わることを初めて見出し、この伸長には非生物ストレス(Abiotic stress)に応答するアブシジン酸が関わっていることを示しました。

高湿度下では、花粉が入っている葯の裂開が起こりにくいことが知られています。高湿度下での柱頭乳頭毛の伸長は、受粉のチャンスを上げるために起こっていると考えられます。

研究成果は、日本遺伝学会機関紙「Genes and Genetic Systems」に掲載されます。

 

論文リンク

 

 

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

2018.11.07 平成31年度 一般入試の募集要項を掲載しました

平成31年度の一般入試募集要項を掲載しました。

受験生向け情報」ページからダウンロードできます。

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

お知らせ一覧

月別アーカイブ